Search:

事例紹介

広告代理店

現状

日本企業の海外進出や訪日観光客の増加により、海外の消費者を対象とした広告やPRを行うニーズは増えています。
一方で、手探りなマーケティング施策ではなく、正しい効果検証を求めているクライエントも増えており、特に海外においては、対象となる消費者や市場の情報が少ないケースが多いため、データドリブンなマーケティング施策の提案を多く求められていました。
現状

課題

広告やPRの効果検証は、国内の場合は調査会社に依頼して、定量的にキャンペーン前後の認知度やブランドリフト等を定量的に把握するケースが多く、最近はCoockieを利用したログベースの接触者に直接アンケートを行うことができるようになりました。
しかし、海外で同じ検証を行うためのサービスは少なく、かつ通常のオンラインリサーチも海外の場合は時間とコストがかかるため、クライエントの予算やスケジュールに合った海外向けのマーケティング施策の効果検証を提供することは難しいのが現状です。
課題

解決

Synoが提供するグローバル広告効果測定を利用し、ログベースで海外の広告接触者と非接触者を対象とした効果検証のためのアンケートを実施することになりました。既存の広告効果測定のテンプレートを利用し、キャンペーンの前後に安価かつタイムリーに検証を自社で行うことができるインフラを構築することで、海外向けの広告キャンペーンの効果を最大化できる提案をクライエントに行うことができるようになりました。
解決