vw-camper-336606_1920

こんにちは、Syno Japan株式会社です。

訪日観光客が増え続けている昨今、休暇中の外国人のニーズを把握することはインバウンド対策にとても重要ですよね。

そしてインバウンド消費を増やすための施策はどの業界でも必要になっています。

そこでSyno Japanは各国の人々が休暇にどのような消費をしているのかを探るため

経済力のある5カ国を対象に、各国の休暇の過ごし方ランキングベスト5を作成しました!

今回も弊社のアメリカ、中国、フランス、ブラジル、インドのパネリストに『あなたは普段どのように休暇を過ごしますか?』(複数回答)と言う質問を聞いてみたのでみなさんに結果をシェアします。

<目次>

【アメリカ】友達や家族との時間を大切にしている
■アメリカの休暇の過ごし方ランキング
■アクティブな活動よりもゆっくり過ごす方が一般的

【中国】ゆっくりより体験や買い物を重視
■中国の休暇の過ごし方ランキング
■中国人はアクティブな休暇を過ごし、消費行動も活発
■バス旅行が人気なのは中国だけ

【フランス】海やリゾートで優雅な休日を過ごす
■フランスの休暇の過ごし方ランキング
■1位は「ビーチに行く」

【インド】特徴は少ないが、遠出は人気ではない
■インドの休暇の過ごし方ランキング
■国内での消費が大半か

【ブラジル】国内を中心とした旅行が多い
■ブラジルの休暇の過ごし方ランキング
■ブラジル国民も国外には向かず、所得が影響か

インバウンド消費を増加させるには何が響くのか

 

【アメリカ】友達や家族との時間を大切にしている

■アメリカの休暇の過ごし方ランキング

1位 友達や家族を訪問する 54%
2位 ビーチに行く 37%
3位 休暇を利用した旅行に行く 35%
4位 観光 29%
5位 湖や山に行く 24%

■アクティブな活動よりもゆっくり過ごす方が一般的

アメリカでは2位に大差をつけて「友達や家族を訪問する」が1位になりました。

長期休暇では家族との時間を大切にする文化が根付いているようですね。

またキャンプやスキー、ボートなどのアクティビティがランクインしなかったのは意外な結果でした。

 

【中国】ゆっくりより体験や買い物を重視

■中国の休暇の過ごし方ランキング

1位 リゾート地へ行く 54%
2位 ビーチに行く 48%
3位 観光 47%
4位 湖や山に行く 47%
5位 バス旅行 47%

■中国人はアクティブな休暇を過ごし、消費行動も活発

中国人は休暇はアクティブに過ごす人が多いようです。

このランキングの他にも「買い物をする」が44%と消費行動が目立ちます

対照的に「友達や家族を訪問する」は29%で5カ国中ダントツ最下位でした。

■バス旅行が人気なのは中国だけ

 中国だけ「バス旅行」が約50%近く支持されていました。

これは異質な数字で、フランスやアメリカなどでは10%以下です。

訪日観光客を見ても中国人バス団体はよく見かけますし、旅行はバスツアーなどのパッケージが一般的なのかもしれません。

 

【フランス】海やリゾートで優雅な休日を過ごす

■フランスの休暇の過ごし方ランキング

1位 ビーチに行く 47%
2位 友達や家族を訪問する 36%
3位 リゾート地へ行く 34%
4位 観光 33%
5位 休暇を利用した旅行に行く 32%

■1位は「ビーチに行く」

フランスのランキング1位は「ビーチに行く」でした。

日本で海に行くといえば海水浴がメインですが、ヨーロッパではビーチでゆっくりと過ごすことが一般的。

優雅なリゾート地のビーチで日光浴をしているフランス人の情景が目に浮かびますね。

 

【インド】特徴は少ないが、遠出は人気ではない

■インドの休暇の過ごし方ランキング

1位 友達や家族を訪問する 50%
2位 ビーチに行く 46%
3位 観光 39%
4位 湖や山に行く 30%
5位 休暇を利用した旅行に行く 27%

 

■国内での消費が大半か

あまり特筆すべき特徴はありませんでしたが

インドではどの地域でもランクインしていた「リゾート地へ行く」がランク外になりました。

あまり国外に出るような行動はしないのかもしれません。

 

【ブラジル】国内を中心とした旅行が多い

■ブラジルの休暇の過ごし方ランキング

1位 友達や家族を訪問する 47%
2位 ビーチに行く 46%
3位 休暇を利用した旅行に行く 31%
4位 パッケージ旅行 31%
5位 バス旅行 23%

■ブラジル国民も国外には向かず、所得が影響か

ブラジルもインド同様あまり活発ではないようです。

所得の格差なども影響していることも関係しているかもしれません。

 

インバウンド消費を増加させるには

各国様々な特徴が現れましたが、

欧米では休暇はゆっくり、のんびりと過ごすライフスタイルが好まれていること

中国では休暇中はとても活発に過ごすことがわかりました。

各国のライフスタイルを把握した上で施策を考えることがインバウンド消費を増加させる一つの見方になると思います。

ぜひこのデータを参考にしてください。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Synoグローバルトレンドは、Synoの海外リサーチシステムを利用して、Syno及びSynoのパートナー企業が行ったグローバル調査の結果を定期的にご紹介します。

データに関する質問や転載をご希望の方はお問い合わせよりご連絡下さい。

お問い合わせ

BUY On HUBSPOT